おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


>>詳細はこちら<<

【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。


>>詳細はこちら<<

【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。


>>詳細はこちら<<

行政書士の合格率は、ちょっと見ただけではわからない裏があります!

行政書士の合格率は、低い数字に見えますがそんなことはありません! 
受かる方法は見つかります。どうすれば受かるのかを今から調べていきましょう。

行政書士になろうとする人は意外と多いらしいです! しかし行政書士のあのすごい合格率を「ちょっと一瞥しただけ」で、すぐにあきらめてしまう人が多いらしい……との噂も伝わっているようですね? 

行政書士は、受験資格も(今は)取り払われてしまいました(……つまり、誰だって狙うことができる資格です!し、学歴によるハンデも事実上ないといっていい資格ですから(年齢や性別の制限ももちろんいっさいなし! 
ただし、10代で試験に受かっても、書士としての登録は二十歳になってからになりますが)、事実上どんな人だって受けることができます。外国人だって受けられます(ハーフとかクォーターの子弟や海外からの居住者の二世や帰国子女も受けるようになっているらしいですね?)。
行政書士は門戸がとにかく広く開かれている資格だというわけですよ。
行政書士の資格が、なんとなく奨励されてしまうのは、完全にうなずける話です。

しかし、「行政書士がそんなにいい資格なのか?」と思っても、行政書士の合格率の情報を調べようとしたとたんに、受験をあきらめてしまう人たちが続出するらしい……確かに、ちょっと調べてみると、行政書士の極端に低い合格率がはじき出されてくることがよくありますから、それも当然の結末でしょうか? 
それでも、行政書士の合格率の低さについては、よく調べたほうがいいです…。
合格率は「数字」という、主観の混じりようがないデータで表記されていますから、それを突きつけられるとつい絶望的な気分にもなってしまうでしょう……ですが、ただ数字だけみてあきらめることもないです。
法律を学ぶ資格の世界では、「行政書士だけが、合格率が低い」なんてこともないですし、むしろ行政書士は受験資格のなさを考えると、「だいぶ狙い甲斐のある資格」とみなしたほうが妥当というものです。
合格率は大事ですが、それに圧倒されないように行政書士という資格を見つめたほうがいい思いができます! 

というわけで。この場では、行政書士の合格率からわかってくることやその数値の裏に隠されている実態を浮き彫りにしつつ、どうやったら受かりやすくなるのかを確かめいこうかと思います。