おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


>>詳細はこちら<<

【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。


>>詳細はこちら<<

【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。


>>詳細はこちら<<

行政書士の合格率~あの数字の多くは学校出身者で占められている?~

行政書士の合格率を見ていると、いちばんいい方法はやはり学校に
通うことなのかと思えてきますが、どんなときに特によいのかを説明しています。

行政書士の勉強法の中で特に「安心することができる方法」としてずっと前から信用されている方法が、行政書士専門の学校に通うことでしょう! 

行政書士の学校も数が多く(あいにくと地域的な偏りがあって、どこに住んでいても通えるとは決まっていませんが)、かなり前から教えているところもあれば、比較的近年から講座を開いたところもあって、
やはりどこに入るかで違いがありますね。
講師の力量については、生徒ひとりひとりとの相性もあるので……、こればかりは無料体験講座のような機会を逃さずとらえて自分がついていけそうかどうかを判断してください。
その他の点としては「その学校が、行政書士合格のためにどれくらいのことをしてくれるか」も判断基準になるでしょうか。
たとえば、どんな熱心な人でも、欠席をすることがあるのは避けられないでしょう。
そこで、同じ行政書士受験科目を一定期間中に複数回開講している学校も多くなりました。
また、欠席後に講義のDVD等を貸し出してくれる学校も増えています。

質問をするときの体制も大きいでしょう。
講義中に直接質問ができるとは限らないですが、学校が「質問をしたい行政書士の受講者」向けに、質問を受け付ける制度を専門に用意していることも珍しくないですね。
そして、自習をする部屋もある場合は非常に助かるものです。

もちろん、行政書士の学校に通うことは授業料がかかるし通学の時間も馬鹿にならないです
(土日も含めて通いやすい時間割にしてくれている学校も多いようですが)。
行って帰ってくるだけで疲れ切ってしまうようでは非効率的だし長続きしないですね……。

また、講義をしてもらえることは勉強がしやすくて大助かりですが、ただ聞いて、ノートをただ写して終わりでは意味がありません! 
その日のうちに教わったところを復習するようでないと身につかないです。
ただ聞いて終わりにならないように気をつけましょう。

総論としては? 
学校に通って行政書士合格を目指す場合は、「ある程度時間の都合が利くこと」と、「講義後に習ったことを確認する余裕も持てること」が、第一でしょう。