おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


>>詳細はこちら<<

【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。


>>詳細はこちら<<

【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。


>>詳細はこちら<<

行政書士の合格率を見ていると、勉強の方法は狭まってきます!

行政書士は合格率が低くて難関だとよく言われている試験ですが、勉強の方法を
よく考えて慎重に選ぶことで、その難しさをカバーすることもできるはずです。

行政書士の、決して高いとはいえない合格率の推移を見ていると、勉強をする気も落ちてしまうかもしれませんが、建設的に行動したほうがいいに決まっています! ……そのほうが、行政書士の勉強も波に乗れて、合格率も怖い数字ではなくなります。
教科書のような必要な教材を厳選して買うことのほか、行政書士の低い合格率を乗り越えるには、勉強の方法の選択も大事です。

行政書士の勉強の方法には、3通りあります(いずれでも合格者は毎年います……とにかく低い合格率ですが)。

……時間や資金がかからないほうがいい! と思っている人たちも多いのではないでしょうか? 
時間がかからないかどうかで、優劣を考察すると、
・独学≧通信教育>>学校
となるでしょう。
予算で比べるなら、
・独学>>通信教育>>>学校
となるでしょうか。

しかし、ただコストパフォーマンスが優れていればそれでいいと思う人ばかりではないでしょう。
肝心の勉強の成果(つまり行政書士の、過酷な合格率の壁の突破)を比べるなら、
・学校≧通信教育>>>独学
となってしまいますね! 

……ここで大切なことは、自分がこれまで、集中した勉強が必要だったときにどうだったかを振り返ることです。
つまり高校入試や大学入試のときですね。
塾や予備校、家庭教師、そして学校の補修等に頼らなくても勉強が最後までできた人、強い意思力と、スケジューリング能力、そして自身の学力を冷静に判断する目を持っている人なら、独学でもやっていける可能性が感じられます。
ただし、そうではないならうかつに挑戦するべきではないでしょう。
年1度しか受験のチャンスがなく、勉強もハードで合格率も高くないのが、行政書士という試験なわけですから。

一時的な出費や時間を惜しんで、自らの合格の可能性を下げるべきではないでしょう。
どの方法を選ぶか決めるときは、慎重になってください。そして、たとえば独学をやってみたもののうまくいかなさそうだと思ったときは時間を無駄にせずに違う方法に乗り換えるような手を使えるようにしておいてほしいですね。