おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


>>詳細はこちら<<

【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。


>>詳細はこちら<<

【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。


>>詳細はこちら<<

行政書士の勉強は時期によって変えたほうがよい? 

行政書士の受験者は、限られた勉強時間(期間)ですべての準備を完了させないといけません。そして、その期間中に(最初から最後まで)ずっと同じ勉強を繰り返してしまうのはよくありません。
勉強に使える期間を分割して、メリハリのある勉強を目指しましょう。

行政書士の受験者は、数ヶ月くらいはひたすら勉強に熱中しないといけません。その間、楽しいことはなるべく辛抱する生活を強いられます。だからこそ、何回も受験し直すような真似はしたくないですね。

ところで行政書士の歴史は数十年に及びます。これくらい難易度が上がったのは、その歴史の中で見るなら、まだ新しい時期からかもしれません……それはともあれ、数十年の間に合格者の方法論が少しずつ公開されています。それを見比べるとわかるのは、合格者は時期によって勉強のスタンスを変えている、ということです。

では、合格者たちがやってきた勉強時間の「分け方」とは、どんな内容でしょうか。

・前期

この時期は、まだ行政書士のことをほぼ無知な段階。つまり、知識をどんどん吸収しないと話になりません。この時期は、テキストを中心に知識を頭に詰め込まないといけません。「インプット」中心の時期といえます。
だからといって、ガリ勉式の勉強は論外ですね。テキストの全ページを、1~2周するくらいのノルマで、浅くてもいいからとにかく全ページを見つめましょう。

・中期

この時期は、そろそろ蓄えた知識を少しずつ実用的に高めないといけません。インプットもやるいっぽうで、「アウトプット」も大事にしましょう。アウトプットの究極の理想は、実際の解答用紙を正答で埋められるようにすること。過去問題集を使いまくることが肝心です。

・後期

この時期が来たら、もう仕上げに入らないと間に合いません。全範囲を見直したり、弱点をつぶしにかかったりと、時間が残っている限りやるべきことを探してやり抜く必要があります。
足りない部分の再インプットのほか、アウトプットの質を高めることも忘れてはなりません。