おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


>>詳細はこちら<<

【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。


>>詳細はこちら<<

【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。


>>詳細はこちら<<

行政書士試験。「あと1ヶ月」この時期はどうすれば? 

行政書士は合格率が厳しい試験ですが、試験まであと1ヶ月になったらいよいよハードです。
しかし残りひと月の過ごし方のコツを知っていれば楽になります

行政書士の受験者は、試験が近づいてくるとラストスパートをかけないといけません。
特に、残りの日数が約ひと月となったら、それからは1日1日がとても大切です。

この、行政書士試験の当日まで残りひと月という段階で必要になることはたくさん見つかりますね。

これくらいは、たいていの受験者には想像がつくことでしょう。これらのポイントからもわかりそうなものですが、最後の1ヶ月間はいろいろなことをしなければなりません。

しかしそのいっぽうで、行政書士試験当日への備えが大事です……上に書いた通りですが、この「備え」には多重のニュアンスがあります。試験会場への道のりのチェックや、持っていく品物の確認も大事ですが、体調のコントロールも入ってきます

行政書士の試験当日は、朝早めに起床しないといけません。そして試験時間に、頭がしっかりと働くようにしないといけません。普段から朝早めに起きる習慣があるなら無問題でしょうが、そうではないタイプには大問題です。

また、勉強が間に合いそうにないなら勉強時間を増やさないといけません。しかしそのために夜遅くまでがんばるのでは、体調のコントロールをするという目的はかないませんね。

残りひと月となったら、確かに必要に応じて勉強時間は増やしたほうがよいでしょう。しかし、深夜時間帯を勉強時間にあてたり、睡眠時間を削ったりすることはあまり推奨できません。朝早く起きる習慣を続けつつ、深夜以外の時間帯で勉強時間をつくることができれば、それがベストの対策でしょう。