おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


>>詳細はこちら<<

【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。


>>詳細はこちら<<

【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。


>>詳細はこちら<<

行政書士の学校や通信講座、受講した受験者たちの肝心の合格率は??? 

行政書士の学校や通信講座は、受講者の各年度の合格率画発表されていたほうがありがたいですね。
しかしなかなか見かけません。どうしてなのか説明しましょう

行政書士の合格者は、いったいどんなところから出ているのか? ふとそんな疑問を持つことがあるかもしれませんね。
特に勉強法をどうするか迷っているとき、学校や通信講座を選ぼうとしているときなんかは、つい「どこの講座が、たくさんの行政書士の合格者を生み出しているのか?」そんな疑問を抱いても不思議ではありませんね。

それではこの疑問にはどんな正解が待っているでしょうか。
これは簡単に答えられる疑問ではありません。なにしろ、名だたる行政書士の学校や通信講座であっても、めったに受講生の合格率を詳しく発表することがないからです。

学校や通信講座が、合格発表のあとに受講者の合格率を伏せている理由ははっきりしません。創推理するほかはありませんが、次のような説があります。

・合格&不合格の調査が難しい、または信頼に足りる調査結果を回収できていない

学校や通信講座会社は、合格発表のあとに何らかの方法で結果を受講者に質問している可能性があります。それはあまり難しいことではなさそうです。たとえば、受講者に配る資料や書類の中に、専用のはがきを入れてもいいでしょうし、メールやインターネットを使うことも今だったら簡単でしょう。しかし会社によっては独特の事情があるかもしれません。

そして、受講者がそのようなアンケートにまじめに参加してくれないこともありそうです。はがきを挟んであっても忘れていたり、あるいは不合格だった場合は落ち込んでしまって答える気にならなかったり~、といろいろなケースがありそうですね。

・合格者の数が少なすぎる、合格率が低すぎる

ある程度、調査の返答率が高い場合でも、その結果が惨憺たる場合だったらどうでしょうか? あまり各学校や通信講座の実力を疑いたくはないものですが。

受講者の合格率がほめられたものではないようだったら、やはり発表しないほうがよいという結論になってしまうでしょう。学校や通信講座だって営利団体です。低い合格率をそのまま発表したら、面目は丸つぶれになってしまいます。だからといって、合格率をごまかして発表すればいいわけでもありませんし、あいまいな形で発表すればいいなんてこともないですね。

行政書士の合格率を正確に発表しているところは非常にまれです。それでもかなり具体性のある数値をそのまま発表しているなら、それはよっぽど誇りのある講座であり、カリキュラムの完成度も高いことがうかがえますね。