おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


>>詳細はこちら<<

【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。


>>詳細はこちら<<

【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。


>>詳細はこちら<<

合否の明暗は「根気よく続けられるかどうか」にあり

行政書士試験に合格できる人とできない人との最大の違いはどこにあるかと言えば、間違いなく「学習を根気よく続けられるかどうか」にあります。


よく、「自分は勉強が得意じゃないから」「暗記には自信のある方ではないから」ということでなかなか試験に合格出来ないんだとおっしゃる方がいらっしゃいますが、少なくとも資格試験対策においてはこうした要素はさほど重要でない場合がほとんど。合否を分けるポイントとしては、「コンスタントに学習を進めていけるかどうか」にあると言えるのではないでしょうか?


行政書士試験などの国家資格は例年明確な出題傾向があり、基本的にはそのポイントを着実におさえ、さらに本試験形式の問題演習をこなしていくことで、合格を目指すことが出来ます。独学の場合、こうした傾向を読み解くことが困難ですが、通信教育や通学講座で予備校を利用した場合、必然的に教材が傾向学習に即したものになっているため、その教材を使うことで無理なく実力を養うことが出来るようになります。


しかしながら、行政書士試験などの難関国家資格対策においては、受験生活が長期化することが多く、その過程ではどうしても学習状況に波が生じてしまうケースというのも多々あるもの。一旦学習をストップさせてしまえばたちまち知識の劣化が生じますから、せっかく習得した知識があっという間に忘却の彼方、ということも珍しくはありません。


このように、コンスタントな学習がさえぎられることで一歩、また一歩と合格から遠ざかってしまうのです。


資格学習のキモは、「学習を継続的に続けられるかどうか」にあります。「忙しい」「時間がない」といった言い訳同様、「もともと勉強が得意じゃないから」等、他の言い訳に逃げたくなる気持ちは分かりますが、そればかりでは永久に行政書士試験に合格出来る日はやってきません。


「学習を続ければ誰しも合格できる」。このことをしっかりと心にとどめ、勉強から逃げずに続けていくことが、“合格体質”になるための重要なポイントになります。