おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


>>詳細はこちら<<

【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。


>>詳細はこちら<<

【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。


>>詳細はこちら<<

多忙な毎日の中でいかに学習を進めるか、が最大の焦点に

行政書士試験は数ある国家資格の中でも、とりわけ何ら受験資格を設けていない珍しい試験であると言えます。よって、これから受験を検討されている皆さんの中には学生やフリーターといった立場の方も少なくないでしょうが、それでもおそらく大半が何かしら仕事をしていたり、家事や育児、介護に奮闘中であったりといった社会人なのではないかと思います。


社会人の行政書士試験挑戦において、目下の課題となるのは「時間がない」ということ。ただでさえ忙しい毎日の中で、この上一体どのようにして資格学習の時間を確保すれば良いのか。学習時間不足が原因となって、資格受験に挑戦したくてもなかなか踏み切れなかったり、やり切れずに頓挫してしまったりといった方は意外にも多いように思います。


せっかく目標に向けて決心したのに「時間がない」ということだけで諦めることになっては、これは非常にもったいないことです。


 社会人でも行政書士試験に無理なく挑戦するためのポイントは、ズバリ「長期的な計画」と「スキマ時間の活用」にあります。


時間のない社会人というスタンスからの挑戦であれば、広告等によくある「3か月で合格」とか「半年で行政書士資格をゲット」という謳い文句に流されてはいけません。しっかりと、ある程度の期間を見据えて学習を積んでいこうという覚悟が必要となります。


また、1時間、2時間とまとまった学習時間の確保にこだわる必要はありません。


10分や20分といった細切れの時間も積極的に受験対策に充てる努力を積み重ねることで、トータルとして必要な学習時間をクリアできる様に心がけることが出来れば、おのずと時間数はついてくるもの。まずは通勤時間やちょっとした休憩時間、何気ないリラックスタイムといった「スキマ時間」に注目し、出来ることを工夫して実践してみてはいかがでしょうか?


「忙しい」「時間がない」のであれば、それなりに出来る方法で行政書士試験合格を目指しましょう。せっかくの目標を、安易に諦めてしまうべきではありません。