おすすめ通信講座ランキング

【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


>>詳細はこちら<<

【No.2】LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。


>>詳細はこちら<<

【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。


>>詳細はこちら<<

行政書士の合格率も、通信教育で乗り切れるような時代に?!

行政書士の合格率はとにかく難関なイメージが強いですが、最近はそれも 通信教育によって
乗り切ることができるようになっています。その実態を解き明かしています。

行政書士の通信教育は、「中庸」という言葉がぴったりの勉強方法かもしれないですね……! 

事実上、独学が、ひと回り上の段階にグレードアップしたような印象も感じられますね。

もっとも、通信教育でも行政書士の勉強がうまくいかず頓挫してしまう人は毎年けっこういると思われます。
いちいち郵送したり、結果が返ってくるのを待ったりすることをわずらわしく思う人もいるようです
(とはいっても決して手間がかかる作業になるわけではないため、それさえもうまくいかないようでは、
通学も独学を選んだとしても続かない人たちなのではないかという懸念が生じてくるのですが……)。

通信教育は独学と学校の双方の利点が備わっている唯一の行政書士勉強方なので、なるべく有効に生かしたいものですね。
家で勉強を続けられる上に、勉強の手助けと指導をしてくれる人がいる以上、どうやって進めていったらいいのかヒントをこまごまと与えてもらえます。
ひとりよがりな勉強に偏ってしまうこともほとんど回避できます。
スケジュールもある程度決まっている以上、試験に向けて踏み出していけることも事実ですね。

特に、なかなか学校に通いにくい事情があるときや、独学を選んだものの、うまくいっているか自信が持てなくなってきているときには、通信教育は役立つ可能性が高いです(脱落しかけた行政書士受験に、踏みとどまれた例…… そして、無事に合格を目指してゴールできた例は毎年出ています)! 

最近は格安の費用でトライアルができるところも増えているほか、DVDやCD等を使って、教室で講義を受けているような感覚で教わることができる教材もつくられているのが、最新の行政書士の世界の通信教育のいい点でしょう。

学校でもDVDを再生する方式の講義が当たり前になっている昨今は、行政書士受験者にとって、学校と通信教育の境目はますます縮まっているといえますね。